牛の個体識別番号検索

牛肉の生産履歴情報

安全と安心のウオロクの牛肉

ウオロクの牛肉

ウオロクでは、お客様に安心して牛肉をお買い上げいただけますよう、ウオロクで販売する国内産の牛肉は牛の個体識別番号から、『どこで生まれ、どこで育ったのか』などの情報を簡単に検索することが出来るトレーサビリティの仕組みに取り組んでいます。

個体識別番号とは

牛1頭毎に付けられた10桁の番号です。この番号で、牛の出生から精肉などとして消費者に販売・提供されるまでの牛個体の識別が行われ、この番号により、牛の生産履歴が管理されます。

牛肉のトレーサビリティとは

耳標装着 国内で生まれた牛に、10桁の個体識別番号が印字された耳標が装着されます。
届出と牛のデータベース 酪農家や肉用牛農家など牛の管理者及びと畜者による届出に基づき、個体識別番号によって、その牛の性別や種別(黒毛和種など)に加え、出生から、肉用牛であれば肥育を経てとさつ(と蓄・解体処理)まで、乳用牛であれば生乳生産を経て廃用・とさつまでの飼養地までがデータベースに記録されます。
番号表示と取引の記録 その牛がとさつされ牛肉となってからは、枝肉、部分肉、精肉と加工され流通していく過程で、その取引に関わる販売業者などにより、個体識別番号が表示され、仕入れの相手先などが帳簿に記録・保存されます。
生産流通履歴の把握 これにより、国産牛肉については、牛の出生から消費者に供給されるまでの間の追跡と、販売されている精肉などから牛の出生までの遡及、すなわち生産流通履歴の把握(牛肉のトレーサビリティ)が可能となります。
国産牛肉の安心確保

消費者は、購入した牛肉などに表示されている個体識別番号により、インターネットを通じて牛の出生からとさつまでの生産履歴を調べることが出来ます。

個体識別番号説明

農林水産大臣による個体識別台帳の作成 (独)家畜飼料センターに委任

個体識別台帳=牛のデータベース

個体識別番号│この牛の情報:出生の年月日/雌雄の別/母牛の個体識別番号など│この牛を管理した者の情報:管理者の氏名/飼養施設の所在地/飼養の開始年月日など(注) 出生からとさつまでのすべての管理者の情報│この牛の情報とさつ・死亡の情報:とさつの年月日及びと蓄場の名称、死亡の年月日など

このページの先頭へ

文字サイズ変更